今週の雑感171105

■自己啓発本を読んで気づいたこと 色々な本を読んで、ある共通項があることに気づいた。 ①ポジティブシンキング ②セルフイメージの重要性(自信があるように振る舞う) ③呼吸法(あるいは瞑想) ④とにかく行動 ⑤未来を予測するよりも、今、ここを生きる まだ…

今週の雑感171105

■自己啓発本を読んで気づいたこと 色々な本を読んで、ある共通項があることに気づいた。 ①ポジティブシンキング ②セルフイメージの重要性(自信があるように振る舞う) ③呼吸法(あるいは瞑想) ④とにかく行動 ⑤未来を予測するよりも、今、ここを生きる まだ…

馬田隆明:逆説のスタートアップ思考

逆説のスタートアップ思考 (中公新書ラクレ) 作者: 馬田隆明 出版社/メーカー: 中央公論新社 発売日: 2017/03/31 メディア: Kindle版 この商品を含むブログを見る 評価:10点 この本は、ほぼ全ページドッグイヤーしてしまったほど、目からウロコが落ちまく…

大平信孝:本気で変わりたい人の行動イノベーション

本気で変わりたい人の行動イノベーション 作者: 大平信孝 出版社/メーカー: 秀和システム 発売日: 2014/09/17 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (1件) を見る 評価:6点 セルフイメージの高め方について興味があった際に読んだ本。 欲望に忠実に、と…

枡野俊明:心配事の9割は起こらない

心配事の9割は起こらない: 減らす、手放す、忘れる「禅の教え」 (単行本) 作者: 枡野俊明 出版社/メーカー: 三笠書房 発売日: 2013/08/22 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (9件) を見る 評価:7点 「今、ここ」に集中することの大切さは、他の本でも…

米長邦雄:不運のすすめ

不運のすすめ (角川oneテーマ21) 作者: 米長邦雄 出版社/メーカー: 角川書店 発売日: 2006/07/01 メディア: 新書 購入: 6人 クリック: 23回 この商品を含むブログ (20件) を見る 評価:4点 運について語られている箇所は少なく、著者の自伝的な部分が強い。…

岩瀬大輔 他:5年後働く自分の姿が見えますか?

5年後働く自分の姿が見えますか? (角川oneテーマ21) 作者: 岩瀬大輔,飯田泰之,古市憲寿,経沢香保子,田端信太郎,加藤嘉一,為末大,駒崎弘樹 出版社/メーカー: 角川書店 発売日: 2013/09/21 メディア: 新書 この商品を含むブログ (2件) を見る 評価:6点 著者…

心のモヤモヤ

昨日、大学の友人と結婚に至ったキッカケみたいな話をしてて。 一人暮らしの時に寂しすぎて、弱い人間だから酒の量が増えて、このままじゃヤバいと思って結婚したという話を聞いて、自分とまったく同じだと共感してしまった。 この話を聞いて、 「あ、俺は寂…

今週の雑感171022

■N社との会食 やっぱり企業文化ってあるんだな〜と痛感。 ■プロジェクト初日 初めて会うはずなのに、どこか皆お互いに対してワクワクしている。 まるでオフ会的な感覚。 そしてこれから、このメンバーで何かを作っていかなければいけない、その期待感。 皆が…

when I'm a sixteen

GLAY、安室、trf.、ほんとこれらは神です

今週の雑感171015

■コウケンテツ 高崎高島屋で、コウケンテツのトークショーに遭遇。 テレビや雑誌で見るのよりも、ずいぶん普通の人で驚いた。 芸能人っぽくなく、良い人オーラが出ていたのは好印象。 ■高崎OPA 高崎帰省時にたまたまオープンに遭遇。 最初スズランに行って、…

榊淳司:2025年東京不動産大暴落

2025年東京不動産大暴落 (イースト新書) 作者: 榊淳司 出版社/メーカー: イースト・プレス 発売日: 2017/06/10 メディア: 新書 この商品を含むブログを見る 評価:7点 非常に分かりやすく、今の不動産バブルのことが書いてある。 書かれている内容が本当だ…

今週の雑感171009

■ドライバーが折れていた 久しぶりにゴルフの練習しようと思ってゴルフバックから取り出したら、ドライバーが途中でポッキリ折れていた。 こんなことってあるの? ヤマトの配送途中の問題?にしてもポッキリ折れすぎ。 まあ、人からの貰い物だから、ちゃんと…

長嶋修:不動産格差

不動産格差 (日経プレミアシリーズ) 作者: 長嶋修 出版社/メーカー: 日本経済新聞出版社 発売日: 2017/05/12 メディア: 新書 この商品を含むブログ (1件) を見る 評価:6点 初めて読む不動産本。 最初なかなか面白かったんだけど、途中から自社のホームイン…

鶴野充茂:頭のいい説明「すぐできる」コツ

頭のいい説明「すぐできる」コツ―今日、結果が出る! (知的生きかた文庫) 作者: 鶴野充茂 出版社/メーカー: 三笠書房 発売日: 2008/11/20 メディア: 文庫 購入: 6人 クリック: 53回 この商品を含むブログ (30件) を見る 評価:7点 具体的なハウツーが書かれ…

柳川範之:40歳からの会社に頼らない働き方

40歳からの会社に頼らない働き方 (ちくま新書) 作者: 柳川範之 出版社/メーカー: 筑摩書房 発売日: 2013/12/04 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (5件) を見る 評価:4点 結局は、40歳以降どうなっても良いように、転職や企業に向けた準備運動をし…

藤井孝一:週末起業

週末起業 (ちくま新書) 作者: 藤井孝一 出版社/メーカー: 筑摩書房 発売日: 2003/08/06 メディア: 新書 購入: 4人 クリック: 110回 この商品を含むブログ (86件) を見る 評価:5点 週末起業のやり方については学べるんだけど、もう少し詳細な事例みたいなも…

人生の目次が増える

今、福岡にいる。 久々に両親に顔を見せている。 福岡便が取れなくて、熊本から新幹線で向かった。 途中、水前寺公園と柳川の川下りをして結果的には充実した1日だった。 その一方で旅行の途中、応募した新規プロジェクトの話で、プロジェクトオーナーから…

自分の人生に責任を持たない

会社帰りの鳥貴族でこの文をスマホから書いてる。 最近、思うことが多い。 管理職になるかどうか、家を買うかどうか、子供作るかどうか、会社続けるかどうか。 それもこれも多分、仕事が少し落ち着いて、つまらないからなんだろうなと思う。 そんで、会社の…

今週の雑感170919

久々の雑感更新ですが。 嫁の試験が終わってから、あまりまとまってブログを書く時間が取れず延び延びになってしまってました。 ■仕事辞めたい 今の部署に来てから、全然仕事が面白くない。 半年経って、虚無感が半端無い。 この先、どうモチベーションを保…

中山庸子:自分軸のつくりかた

自分軸のつくりかた: 生きるのがラクになる50の方法 作者: 中山庸子 出版社/メーカー: 原書房 発売日: 2013/08/12 メディア: 単行本 この商品を含むブログを見る 評価:2点 これは女の子用の、ゆるふわ自己啓発本という感じ。 ネットで買うとこういうミスが…

リチャード・ワイズマン博士:運のいい人の法則

運のいい人の法則 (角川文庫) 作者: リチャード・ワイズマン博士,矢羽野薫 出版社/メーカー: 角川書店(角川グループパブリッシング) 発売日: 2011/10/25 メディア: 文庫 購入: 1人 クリック: 5回 この商品を含むブログを見る 評価:9点 トホホな感じの表紙…

佐藤航陽:未来に先回りする思考法

未来に先回りする思考法 作者: 佐藤航陽 出版社/メーカー: ディスカヴァー・トゥエンティワン 発売日: 2015/08/27 メディア: 単行本(ソフトカバー) この商品を含むブログ (4件) を見る 評価:6点 言ってることは至極真っ当なんだけど、なんか表層的なんだ…

ケリー・マクゴニガル:スタンフォードの自分を変える教室

スタンフォードの自分を変える教室 (だいわ文庫) 作者: ケリー・マクゴニガル,神崎朗子 出版社/メーカー: 大和書房 発売日: 2015/10/10 メディア: 文庫 この商品を含むブログ (6件) を見る 評価:8点 胡散臭いタイトルとは裏腹に、なかなか面白い内容でした…

上野川修一:からだの中の外界 腸のふしぎ

からだの中の外界 腸のふしぎ (ブルーバックス) 作者: 上野川修一 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 2013/04/19 メディア: 新書 この商品を含むブログ (3件) を見る 評価:7点 腸って面白いな〜 そう考えると、いかに食べるものが重要か、という話でもあり…

池谷裕二:進化しすぎた能

進化しすぎた脳―中高生と語る「大脳生理学」の最前線 (ブルーバックス) 作者: 池谷裕二 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 2007/01/19 メディア: 新書 購入: 49人 クリック: 230回 この商品を含むブログ (260件) を見る 評価:9点 安定の池谷クオリティ。口…

今週の雑感170813

■コミケ 今日、電車に乗っていたら隣の人が携帯持ったまま寝ていて。 画面見たら「3日間コミケお疲れ様でした。」と打たれたメールの最中でした。 本当に、お疲れ様でした。 ■自問自答を繰り返す この1ヶ月間、自問自答をする機会が非常に増えた。 それは…

2017甲子園 8/12・13

人生2回目の甲子園。 今年も激アツの夏だった・・・ ■8/12 会場に11:30に着くも長蛇の列で入れず。 この後、4時間も待つことに・・・ 最初、1塁アルプス側に並んでて。前に並んでた色黒の関西弁女子が英語で歌いまくってた。色黒なのは、ベランダで焼いて…

ROCK IN JAPAN 2017 8/5・6

毎年恒例のROCK IN JAPANに行って参りました。 今年のホテルは、水戸プリンスホテル。 大浴場まであり、これまで泊まった宿で一番良かった・・・ www.mito-prince.co.jp ■8/5 ・Dragon Ash 毎年恒例のファンタジスタ。ブレないかっこよさ。毎年、これを見た…

Odaiba Dance Music Festival SANCTUARY 2017

DJ MASTERKEY、間近で見ると普通のおじさんでした。 ふらっと立ち寄ったDJ KAYA。初めて知ったDJだったんですが、これがやばかった。 やばい、サイバートランス。懐かしすぎて泣きそうになる。 何故かこの時、会場外でずっとパラパラの振り付けを踊っている…